水

明日の朝から早速実施!超手軽にできる白湯美容法

人間の体のほとんどは水分でできていることはご存知だと思いますが、20才を超えたころからその量が急激に減っていってしまうことはご存知ですか?

水

からだの水分量が減る原因は、老化、ストレス、不規則な食生活、喫煙習慣などが挙げられますが、多くの人に共通しているのは、「水を飲む量が足りていない」ということです。

人間はトイレに行ったり汗をかいたりした時に、大量の水分が体の外に出ていきますが、これら以外にも寝ている間にも汗をかきますし、呼吸をする時にも吐き出す息に水分が混ざっているので、水分は失われます。

からだの水分が減ってゆけば、お肌のハリはなくなってゆきますし、血行も悪くなるのでクスミが目立つ顔になってしまいます。 つまり老化を防ぐためには水分を失わないようにケアしてあげることが大切なんですね。

そこでおススメしたいのは、 「朝起きたらすぐに、白湯(50度ぐらいのお湯)をゆっくりと飲む」 習慣を身身に付けることです。 これによって、寝ている間に汗で失われた水分の補給ができますし、胃腸の調子も高まるので、便秘に悩んでいる方はそれが解消されることがあります。

また、からだ全体が温まるので次第に代謝がアップし、体内の老廃物がデトックスされますし、冷え性の解消、ダイエット効果まで期待できまるんですよ♪