白湯で上げる体温、1日約150kcal!こんなダイエットもアリなんです

さて突然ですが問題です。ダイエットで体重を減らすためにはカロリーを消費させるわけですが、そのカロリーはどうすると消費できるでしょうか?

ウォーキングやランニングの運動をすると消費できる?食事に気をつければ?それとも半身浴などで体を温めると?
正解は、基礎代謝を上げる事です。カロリーの約7割が基礎代謝、つまり自分の体を維持するためのパワーで消費されるんです。

ダイエットをしたい、体重を減らしたい、そのために基礎代謝を上げたい。でもどうやって?それはとても簡単、白湯を毎日飲む事。白湯を飲むと体温が上がります。体温が上がるとそれに比例して基礎代謝もアップ!

体温が1°上がると、1日で約150kcal増えると言われています。これはお菓子に換算するとソフトクリーム1つ分になるので、夏場にはとっても嬉しいですね♪特別な運動や無理な食事制限をしなくてもソフトクリーム1つ分燃焼できるなんて、ダイエットとしてはとても楽チン。

では肝心な白湯の飲み方です。ただ単に水を温めれば良いというわけじゃないんです。水道水を白湯にするなら、1度完全に沸騰させてから冷ます必要があります。

しかし水道水にはカルキなどの化学物質が含まれているので、オススメとしてはペットボトルなどで販売されている、もしくは浄水器を通して化学物質などを除去した水です。飲む時の目安温度としては50°と言われています。この50°の白湯が体に入ると内蔵が温められます。これを毎日続けるだけで体温が1°上がるのです。

あら、とっても簡単なダイエット♪ただしこの白湯を飲むだけのダイエット、効果はすぐに現れません。基礎体温を上げるのですから当然ですよね。根気よく続けていくことが大切になります。

時間帯として一番良いと言われているのは、朝起きてすぐです。寝起きは体の中もまだまだ眠たい状態なので、この時に白湯を飲むことで器官が目覚めて機能がアップ。器官がよく働けば体温はあがりやすくなるという仕組みです。

冬場は寒くて温かい飲み物を口にする事が多いので、この方法はとっても簡単だと思います。しかし夏場も気を抜かず、この白湯を飲むだけダイエットを是非続けてください。理想の体型を手に入れるのは遠くありませんよ!